上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、釣りの時に集魚剤を使われていると思いますが、その特性はご存じですか?今回は、そのことについて少しばかり。。。。

集魚剤を大きく二つに分けると、チヌ用とグレ用になると思います。
(マダイ用、イサキ用などあったりはしますが、ここでは無視 爆)

まず、グレ用の集魚剤は、臆病なグレに極力食い気を向上させるために、特に匂いの成分を主において作られているようです。そして、あまり海底に居ることがないため、軽い比重の物質が多く使用されています。臆病な正確がゆえに濁りを嫌うため、スロープ状にパラパラ沈下するような設定となっているものが多いと思います。
一方、チヌ用の集魚剤は、海底近く回遊する生態から比重の重い物質が多く使用されています。そして、好奇心が強いチヌは変化を好みます。海中の濁りもへっちゃらで、濁りの中まで入ってきてエサを捕食します。

そしてチヌ用は比重が重く深ダナ狙い、グレ用は比重が軽く浅タナ狙いというイメージ。
チヌ釣りにグレ用を混ぜて使ったり、逆にグレ狙いでチヌ用を混ぜたり。

でもよく考えてみると、メーカーとしては長年チヌ、グレの生態を研究していて、どう集魚剤を配合するのが一番望ましいかを日々研究しているんです。
チヌが好む設定、逆に嫌う設定もあるかと。グレも同じで、グレの好む設定。嫌う設定。
これらの研究が最適な製品となって、釣具屋に並んでいる訳です。

相手が自然の生き物ゆえ、色んな場面で色んなブレンドをして、それぞれ実績があるとは思いますが、このメーカーのバックデータを頭の片隅に叩き込んで、これからの集魚剤ブレンドを決めるのも、今まで以上に引き出しが増えていいかもしれません。

ちなみに私が使う集魚剤の紹介です。

チヌ釣りは春に数回する程度なので、主に使いやすさだけで選んでいます。
白チヌムギパワー白白チヌSP

クロ釣りは、オールシーズンベースとしているのは、
グレV9遠投フカセ

春~初冬にかけては、これを混ぜ込みます。
グレパワー

冬は、これを混ぜ込みます。
イワシパワーグレ

これらは、あくまでも私の考えですし、他に良い配合パターンがあれば是非とも教えて下さい。
もちろん、チヌ用+グレ用のブレンドもアリアリです。

↓↓ご面倒ですが、ポチッとお願いします m(__)m ↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://ginrinss.blog129.fc2.com/tb.php/4-6b1d0764
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。