上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.05.02 蒲江レポート
いやぁ・・・・大変疲れる釣りでございました。

まだまだ周りはチヌで盛り上がっているようですが、今年は4回もチヌ釣りに行き、クロ釣りの我慢に限界が来てしまいました。そんな訳で、年中クロが狙える蒲江に釣行しました。
年中狙えると行ってもこの時期は厳しく、潮・気温・気圧etcの条件が整って、始めて良い釣りが出来るので、行って垂らせばクロが釣れるわけではないようです。

今日のお伴を願ったのは、大分の名人です。サオ捌きやラインメンディングなど、見ていると行動のすべてが流暢で、全く無駄がありません。やっぱり釣りの上手い人は、見ている一目で腕前がわかりますね。
moblog_5eb93264.jpg

中のハエが空いているので、上がる仕度を始めましたが、底物の方がどこに上がるか迷っていた様なので、釣れるか分かりませんでしたが、水深の深い中のハエに上がって貰いました。
そして、私達は松バエの対面の「ケナシ」で勝負してみます。

夜明けまではウトウト睡眠し、明るくなってからエサの仕上げと仕掛け作りをしました。

サオ:がま磯アルマ 125-50
リール:ダイワ トーナメントISO-Z競技
道糸:銀鱗SSトーナメンターSE 1.75号
ハリス:テストライン 1.7号
マキエ:オキアミ3角、マルキユーV9、グレパワー、遠投ふかせTR

ホント、ツケエも盗られない状況が続きました。
一瞬、潮の流れが良くなった時でした。
ここで何とか、一枚ずつクロを確保することが出来ました。

流石は名人です。やはり敵いません。
釣ったクロは、50cmほどありました。
「久しぶりに良く引くクロやった」と言われましたが、端から見ても全くデカさを感じさせないやり取りなので、こんなに大きなクロを掛けてるとは到底思えません。海面に姿を現したクロ見て、慌ててタモを入れました。
名人

そして、これが私が釣ったクロです。計ると42cmほどあったのですが、50cm級を見ると木っ端に見えてしまいます。
オイラ

潮もあまり良くならないので、弁当便で屋形島へ瀬変わりです。

運良くイカダバエが空いたので、二人でゆっくりのサオ出しです。
全盛期のイカダバエを知っているだけに、型・数共に満足できる釣果ではありませんでしたが、クロのシーズンオフの時期にこれだけ釣れれば、ヨシなのでしょうね。
釣果

サオ出し6時から16時半までの釣りで、8枚の釣果ですから結構しんどい釣りでした。湧きグレなど結構見れたので、クロのシーズンは目前のような気配ですよ。
そして今月は釣りパラの担当なので、詳しくはそちらにレポートしたいと思います。よろしければ是非見て下さい。

↓↓ご面倒ですが、ポチッとお願いします m(__)m ↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://ginrinss.blog129.fc2.com/tb.php/39-d28a2316
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。