上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クロ釣りにおけるハリの返し。

ハリには色々な種類がありますが、返しってホントに必要ある機能でしょうか?

実は、私にはハリの返しは要らない主義なんです(爆)。
つまり、使うハリ全てがスレバリなんですよ。
でも、スレバリをチョイスして使っているのではなく、普通のハリをスレにして使っているだけなんです。
軽いハリ、重いハリ、短軸のハリ、長軸のハリ・・・・・。
全て返しを潰して使っているからこそ、スレバリに色んなバリエーションが出来るし、メリットは多いのでは無いでしょうか。

で、何で返しが要らないかと言うと・・・・。

釣りしていて、体中のあちこちにハリを引っかけるからです(爆)。
一度引っかけて取れなくなると、かなりイライラしますよね。釣りはメンタルな部分が多くしめる所がありますから、精神衛生上良くなければ釣れる魚も釣れません
だから、引っかけても直ぐ取れるように、必ず返しを潰して使っているのです。

と言うのも本音ですが、やはりハリを外し易いってことが一番の理由です。これは、特にエサ盗りが外しやすいことにあります。木っ端グロもエサ盗りですし、小さな魚ほどハリを外しづらいものです。そして、やはり手返しの早さに繋がるわけですし。

で、肝心な魚に食わせた後のことですが、返しが無くて魚をバラしたって経験は、殆どありません。だから、私のハリイメージでは返しは必要ないのです。

競魂グレ
鬼掛の「競魂グレ」です。本来のスレ構造で、ハリ先が細くハリ掛かりが良い形状になっています。


浅層グレ
鬼掛の「浅層グレ」です。一番使い易いグレバリと思います。この返しを潰してスレにして使っています。


↓↓ご面倒ですが、ポチッとお願いします m(__)m ↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://ginrinss.blog129.fc2.com/tb.php/27-c732a56c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。